社会保険労務士・行政書士 岡本経営法務事務所

広島の事業主様を支援し、
広島の街を応援する。

公的融資申請の支援

創業時や新規事業進出時の何かと厳しい資金繰りには、利率も低く、条件面でも
優遇されている公的融資を活用。

公的な融資には、代表的なものとして、日本政策金融公庫の「新創業融資」と地方公共団体の取り扱う「制度融資」の2種類があります。
2つの公的融資の主な特徴は次の表のようになります。

  「新創業融資」 「制度融資」
窓口 日本政策金融公庫 広島市の場合。窓口は各金融機関
利用
条件
  • ・新たに事業をはじめること、または事業開始後税務申告を2期終えていないこと
  • ・雇用の創出を伴う事業を始めること
  • ・起業資金の3分の1以上の自己資金を確認できること  等
詳しくはコチラから(日本政策金融公庫)
  • ・中小企業者(個人または中小企業)及び組合であること
  • ・広島市内に主たる事業所を有していること
  • ・許認可又は届出等を要する業種の場合には許認可等を受けているもの又は受けることが確実なものであること
  • ・広島県信用保証協会の信用保証を受けられるものであること  等
詳しくはコチラから(広島市中小企業支援センター)
資金の使途 事業開始時または事業開始後に必要となる事業資金に限る 事業開始時または事業開始後に必要となる事業資金に限る
融資
限度額
1,000万円以内 1,000万円以内
返済
期間
  • 設備資金7年以内
  • 運転資金5年以内
  • 設備資金10年以内
  • 運転資金7年以内
利率 3.8%(無保証人で返済期間5年以内の場合) 1.4%+信用保証料(0.45%~1.9%)
担保
保障
原則、無担保・無保証人 原則不要だが、事業者や法人代表者については必ず保証を求められる

(注)利率は金融情勢によって変動するので、最新の情報は各HPなどでご確認ください。

起業や新規事業の状況に応じて2つの公的融資を使い分けて、あるいは併用しながら、少しでも有利に資金調達を実現することが御社の起業や新規事業の成功の鍵となります。

公的融資申請には様々な書類が必要となるが、やはり事業計画書が一番のポイントとなる。

融資を受けるための事業計画書作りのポイント
経営者の実績・経験そして協力者の有・無

事業の主体となる経営者の実績・経験の棚卸しをし、お金を貸す側にとっての魅力をいかに「見える化」できるか?また共同経営者などの協力者の実績・経験もいかに魅力として「見える化」できるか?

収支計画
  • 当然ながら、継続的な事業収支が見込める事業かどうか?
  • 売上の根拠は?現時点で見込客があるかどうか。
  • 支出項目・金額に関してもれはないか?
  • キャッシュフローは問題ないか?(特に起業時のキャッシュフロー)
事業に対する考え方(起業の動機や経営者の熱意など)

起業に至った経緯は?そして最終的には、事業をなんとしても成功させようとする経営者の熱意が大事。

これらにより、どれだけの資金が必要か、そして返済が十分に可能であることを立証していきます。
信憑性と説得力のある事業計画書作りが重要です。

当事務所では事業計画書作りの面から、公的融資申請のお手伝いをしています。

事業計画策定の際に一般的なSWOT分析手法(強み・弱み・機会・脅威の分析)はもちろん、知的資産経営の手法(知的資産経営報告書)を活かして、御社の強みを見える化し、より具体的な事業計画を根拠のある収支計画数値に落とし込み、金融機関担当者を納得させ、公的融資を引き出すための事業計画書作りをお手伝いします。

当事務所の公的融資支援の実績例
介護事業所D社様・・・自己資金なし。制度融資活用で300万円の融資申請に成功。

(平成23年2月創業)ポイントは許認可である「介護事業所指定」の確実かつ迅速な申請。そして具体的な収支計画が立証できたこと。開業後、最初の売上入金までの2ヶ月間の厳しい資金繰りを、この融資で乗り切ることができた。

個人設計事務所K様・・・自己資金50万円。制度融資活用で400万円の融資に成功。

(平成23年8月創業)別の設計事務所で、既に実務経験を持っていたことにより、実績に関しては問題なし。経営者としての能力をいかに実証するかがポイントであった。知的資産経営手法により、本人の目にもなかなか見えてこなかった強み・魅力を客観的に「見える化」し、今後の売上根拠にも説得力を増すことができた。これにより開業時の設備投資に必要であった 資金を融資により調達でき、スムーズな開業ができた。

事務的な作業ではなく、お客様とお客様の事業を客観的に分析し、より説得力のある申請を行ないます。

ご利用料金の目安
業務名 料金(当事務所報酬額)
公的融資申請支援 申請額の3%~5%

詳細は個別に見積もりさせて頂きます。

まずは電話番号:082-228-5517まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

岡本経営法務事務所 公式ブログ
岡本経営法務事務所 スタッフブログ

事務所概要

〒730-0012
広島市中区上八丁堀3-6
第2ウエノヤビル10F B号室
[地図]
社会保険労務士・行政書士
岡本経営法務事務所

社会保険労務士
行政書士
岡本 典親

(c)2011 社会保険労務士・行政書士 岡本経営法務事務所 All rights reserved.