おたからやFCのメリットや被害者の会について詳しく解説

おたからやは、高級装飾品や絵画などの買取事業を行う店舗として全国的に有名であり、フランチャイズ展開においては各地に多くの店舗が開業しています。

その一方で、『おたからやフランチャイズ被害者の会』といったホームページが存在しており、複数のトラブルなどについて掲載されています。

その内容がどのようなものなのか、フランチャイズ契約時にはどのようなことに注意すべきなのか、おたからやFCの特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。

フランチャイズ被害者の会の概要

株式会社いーふらん「おたからや」被害者の会では、おたからやのFC契約をした結果、起きている様々な事例について詳しく紹介しています。


実際に加盟したお店からの意見やFCにおける契約、融資問題、証券テリトリー問題など、複数の視点から様々なコラム記事が掲載されています。
記事の内容としては、実際に起きた事例を元に何が原因だったのか、おたからやに限らずFCでの開業に共通する注意点の解説です。

おたからやフランチャイズ被害者の会ができた背景

おたからやフランチャイズ被害者の会では、FC契約を進める上で起きた事例などを元に問題点などが紹介されています。
具体的にどのような事例が発生しているのかを含め、被害者の会ができた背景について詳しく解説していきます。

フランチャイズ契約について疑問を持っている人が多いため

株式会社いーふらんが展開しているおたからやに限らず、FC開業を考えているオーナーは多くいます。

FC開業ではどのような流れで事業が進むのか、そのプロセスにおいて起こりうる問題や注意点を知っておきたいと思うのは当然です。
おたからやフランチャイズ被害者の会では、そのようなオーナーが安心してFC開業ができるよう、契約や融資、その他トラブルなどに関連したコラム記事が多く掲載されています。

おたからやに限らず、FC開業で注意すべき点を知ることができます。

経営難になったオーナーが複数いたため

FC開業をする場合、おたからやに限らずリスクがゼロということはありません。
成功するお店もあれば、儲からないまま経営がうまくいかず、閉業へと追い込まれるお店もあります。
全国にFC展開をしているおたからやでは、その店舗数が多い分、比例して閉店するお店の数もあります。

そのような経営難に陥ってしまったオーナーが複数存在しますので、オーナーの事例を元に経営難に陥った原因や、経営する上で起きたトラブルについて解説されています。
また、実際に加盟したオーナーからの質問も受け付けており、その回答なども公開されています。

事前相談のない指示変更に伴うオーナー側の不満

おたからやのFC開業までの流れの中で、出店に関する説明や開業後の契約などについて本部とオーナーで話し合いが行われます。
その際に、開業後の変更指示によるトラブルが複数発生しているようです。

株式会社いーふらん「おたからや」被害者の会で、実際に記載してある具体的な内容としては、契約までの担当者と開業後の担当者が変わることなどが記載されています。
このような引き継ぎに関するものや、事前相談のない変更指示に対するオーナーの不満が複数発生しているようです。

おたからやを運営している会社を徹底解説

おたからやを運営してるのは、渡辺千代氏が代表を務める株式会社いーふらんという企業です。主な事業内容としては、高級宝飾事業としておたからやがあり、2021年6月1日時点で1300店舗を展開しています。

この他、ヘルスケア事業として健康の森、洗車事業として洗車の名人があります。設立は2000年の3月で、2021年12月時点の従業員数は520名。

2000年の創業時には1店舗であったおたからやは2014年で直営店24店舗、加盟店336店舗となり、2021年11月時点では加盟店が1156店舗、直営71店舗にまで増えています。

関連リンク:おたからやフランチャイズの評判とは?実際に始める際のポイントもレクチャー

おたからやフランチャイズ(FC)にはメリットも多く存在

株式会社いーふらん「おたからや」被害者の会などマイナスなイメージばかりがありますが、全ての店舗が赤字で閉店しているわけではありません。以下では、おたからやのフランチャイズに加盟する具体的なメリットを紹介していきます。

ある程度の知名度があるため集客に手間を取らない

一般的にゼロから開業する場合、集客するためにチラシや広告の作成、その他宣伝の作業が必須となります。
このような場合、多くのコストと労力がかかってしまい、十分な売上となるまでに時間が必要で、少数で経営するとなると宣伝担当のスタッフを雇うのも大変です。

おたからやFCの場合、テレビCMなど広告宣伝が既に行われており、多くのメディアにも取り上げられているため知名度はかなり高いと言えます。そのため、開店後すぐに知名度を活かし集客を見込めます。

低コストで始められて高収益を狙える

おたからやでは、低資金で開業ができるようサポート体制がとても充実しており、FCにおいては複数のプランが用意されています。
一番人気のダイヤモンドプランでは加盟金は必要なく、開業セットも無料です。そのため、スタッフ2名分の研修費用として100万円のみかかるだけとなっています。

また、開業後においてもロイヤルティが35万円固定となっているため、売上が上がるほど多く支払う必要はありません。よって、努力次第で大きく収益率を上げることができます。

未経験でも始められる環境がある

おたからやは、高級装飾品の買取がメインであり、ブランド腕時計やブランドバック、金やプラチナなどのジュエリーがあります。
また、この他にも切手や骨董品、記念コイン、着物なども買取対象です。

これらの品物を買い取ったりする場合、専門的な知識が必要となるのですが、おたからやであれば問題ありません。
専門スタッフが別で在籍しており、わからない品物が来た場合、いつでも相談することができます。
そのため、未経験であっても開業することができます。

現時点でオーナーをしている人はどんな人がいるのか

株式会社いーふらんでは、実際におたからやで開業した先輩オーナーのインタビュー記事が掲載されています。

旭ヶ丘店:丸山オーナーの場合

『来店数は月に40人なのに、一ヶ月の売上は6,000万円を見込んでいます!』

売上は2,000万円を超えます。単月ですよ。先日、ロレックスが6日間連続できたので、1ヶ月で6,000万円は行けると見込んでいます。
この金額が実現できたのは、本部サポートのおかげです。

特に事前入金制度は大きいです。
電話一本ですぐに買取資金を入金してくれるので、加盟社としては安心して高価なものでも買い取れます。

引用元:https://franchise.otakaraya.net/asahigaokaten.html

くるる宮町店:山本オーナーの場合

『開店初年度の決算で売上が億を超えるので、2,000万円の車を買う予定です』

当店は1日の来店数が5組〜10組くらいなのですが、一件の来客で粗利200万円くらいになったり、単月の売上では2,000万円以上と次の決算では億を絶対超えています。
本部のサポートもあるので、安心して店長やスタッフさんにお店を任せられます。

引用元:https://franchise.otakaraya.net/kururumiyamachi.html

裁判沙汰になったいーふらんの事例

株式会社いーふらん・おたからやフランチャイズ被害者の会によると、横浜地方裁判所で平成29年5月31日に関連の裁判において判決がでています。

その詳細としては、おたからやFCの契約解除後に競業(中古品の買取事業)を行っていたことが発覚しました。
本部はこれに対し違約金としてロイヤリティの36ヶ月分を定めており、約2,300万円を請求しています。

加盟店側は競業の禁止自体が営業の自由を害するとして、無効と主張していましたが、判決では加盟店側に違約金として6ヶ月分の支払いを命じています。

関連リンク:株式会社いーふらんの裁判を解説!訴訟を起こした理由とは?

事例に見るフランチャイズ契約の注意点

おたからやのFCは店舗数が多い分、契約や開業後のトラブルが複数件発生しています。
そのようなトラブルを避けるため、具体的にどのようなことに注意すべきなのかを解説していきます。

関連リンク:【徹底検証】おたからやのフランチャイズはトラブルが多いのは本当?

数字単位で契約書の内容をしっかり確認する

おたからやのフランチャイズ契約をする場合、様々な決まりがあり、その中には違約金やロイヤリティ、システム利用料などの金額が明記されています。
続いて、それぞれの具体的な金額について紹介していきます。

違約金がいくらかかるのか

おたからやに限らず、フランチャイズ契約を途中で解約するといった場合において、ほとんどの場合は違約金が発生します。
その具体的な金額を確認しておくようにしましょう。

金額はFCする事業によって異なりますが、違約金が法外な場合、FC加盟店が自由に解除できなくなるため、解約金自体が公序良俗違反で減額や免除になる可能性もあります。

そのため、おたからやに関しても違約金やその条件などは確認し、疑問に思うことなどに関しては契約前に質問しておくようにしましょう。

ロイヤリティがいくらかかるのか

FCで開業する場合、事業により毎月の売上に対しロイヤリティが発生する場合がほとんどです。
その内容に関しては、事業ごとに異なります。

おたからやのFCの場合、開業において以下のとおり4つのプランが用意されています。

・シルバープラン

・シルバープランタイプS

・ゴールドプラン

・プラチナプラン

それぞれでサポート内容が違うほか、ロイヤリティなどの金額も異なるので事前にチェックしておくようにしましょう。

関連リンク:おたからやフランチャイズは実際に儲かるのか?ロイヤリティの金額も交えて徹底解説!

システム使用料がいくらかかるのか

おたからやのFCは開業する上で以下の4つのプランに分かれています。

・シルバープラン

・シルバープランタイプS

・ゴールドプラン

・プラチナプラン

上記で説明したように、それぞれでロイヤリティが違うのですが、その他にもシステム使用料などもプランによって変わります。
プラチナプランの場合であれば、開店時広告宣伝費や店内内装、什器・パーテーションなどもついているほか、看板などもあります。

このような運営する上で必要な費用に関しては、最終的な収益に大きく影響してくるため、内容を把握した上で自分の計画に合ったものを選ぶようにしましょう。

中途解約のペナルティ有無

開業後の中途解約に関しても、契約前にしっかりと確認しておく必要があります。
違約金の有無はもちろん、その条件なども設定してある場合がほとんどです。
おたからやの場合は中途解約の場合、3ヶ月分のロイヤリティを請求される決まりがあります。

担当の人に聞いたりするのではなく、必ず書面にて確認することで、解約時のトラブルなどを避けることができます。
また、違約金が明らかに高いと言った場合に関しては、適正なのかを調べるようにしましょう。

競業避止義務の有無

競業避止義務とは、競業禁止特約によって定められており、契約書に明記されています。FC母体企業の不利益となる業務やその他の行為を制限するためのものです。

おたからやの場合は競業避止義務があり、その内容としてはロイヤリティの24〜36ヶ月分となっています。
競業といっても具体的な線引ができていない場合もあるため、どこからがこれに該当するのかなど、確かめておくことで未然にトラブルを防ぐことができます。

3つの魅力からみるおたからやのメリット

おたからやでFC開業をする場合、おたからやにしかないメリットが3つあります。
メリットを活かすことで初めての開業でも成功の確立を大きく上げることが可能です。
どのようなメリットなのか詳しく解説していきます。

キャッシュフローで困らない事前入金の制度がある

買取店を運営する上で欠かせないのが、商品を買い取るための資金となります。
特におたからやのように高額な腕時計やバック、絵画などを買取る場合は多くのランニングコストが必要です。

通常であれば、事前に自分で準備するのが当たり前なのですが、おたからやの場合は資金が事前に入金される仕組みとなっています。
商品を本部に発送する前でも入金されるため、運営資金を準備する必要がなく、ランニングコストを少額に抑えられます。

サポート体制が充実している

おたからやのFC開業はサポート体制の充実もメリットの一つです。

オープン前のサポートとしては、集客に必須と言える広告の研修や看板等の打ち合わせなどがあります。
また、最近増えているブランドのコピー品に関してもブランド品真贋研修を通してしっかりと勉強することが可能です。

オープン後に関してはブロック研修として商品の真贋や最新の相場情報を共有したり、実際の商品を触ったりしながら商品研修が行われています。

初月から黒字化が見込める整った教育環境

おたからやでは上記で説明したように、専門知識がないといった場合においても広告研修やブランド品の研修があるため、すぐに買取業務を始めることが可能です。
開業プランも豊富であり、目的に応じたものを選択することができます。

また、この他にも多くの出店ノウハウと経験を持っているため、駅前や商業施設、ローサイド店舗など様々な出店タイプが選択肢としてあります。
このような強みを活かした運営ノウハウが豊富であるため、初月から黒字化が十分に可能です。

おたからやはフランチャイズ契約によりオーナーにもメリットがある会社

今回はおたからやのFC契約に関して詳しく解説してきました。
被害者の会などがあり、複数のトラブルが発生している一方で、その何倍もの店舗展開に施工してきており、多くの成功したオーナーがいるのも事実です。

また、おたからやならではのFC開業メリットがあり、未経験であっても自分の計画に応じたプランを選ぶことで黒字化が十分に見込めます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました